宇宙人はいるのか?小宮さんのUFOブログ

日本で唯一のUFOエンジニア小宮のUFOと宇宙人の謎の研究記録です
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のノルデックという分類の宇宙人に関する考察ということになります。

日本人の私にはノルデックという言葉の意味は、聞いただけでは正しく理解できませんでした。

ノルデックを直訳すると北欧人、もしくは北方ゲルマン人となります。


アメリカ軍の言う宇宙人の分類『ノルディック』の共通な3つの特徴挙げます。
・肌が白い
・金髪
・青い目


金髪、青い目で良く知られた民族としてはドイツを中心としたゲルマン語派の国が有名です。
イギリスのアングロサクソン、ドイツ、オランダ、オーストリア、スウェーデン、ノルウェー、デンマークなど。

これらの民族は言語も人種としての外見もよく似ていて遺伝的に近いと言えます。


地図に示します

小3
ゲルマン語派の地域

ところが、これらの民族の毛髪は金髪とは言っても茶色系で、純粋な金髪の人はあまり多く住んでいません。

純粋に金髪が多い人種を探してみます。


小2
セントアンドリューズ大学が発表した金髪の分布図(2006年)

黄色は金髪が80%以上、
明るいだいだい色は50%~79%、
薄い黄土色は20%~49%
濃い黄土色は1%~20%の地域を指している

住民のほとんどが金髪となる黄色い地域は、このゲルマン語派の外れか、少し外れた地域にあることがわかります。

ここで、黄色が濃いノルウェー、フィンランド、ラトビア、リトアニアの4国に注目してみたいと思います。

それぞれの特徴を挙げます
・スウェーデン 青い目は多くない ドイツ系の遺伝子が強い、ドイツ系ゲルマンの中では一番美形
・フィンランド 目が青く金髪が多い 顔の骨格にドイツ系のゴツさが少なく東洋系を混ぜたような印象がある
・ラトビア 金髪が多いが青い目は少ない 
・リトアニア 金髪が多くないが青い目は多い
ラトビア、リトアニア共に遺伝的にはドイツ、フィンランドの両系に近い。体型は、やや丸め

各人種の代表的な写真

ミカ・ハッキネン
ミカ・ハッキネン フィンランド人


スウェーデン人
ゲルマン系の中では一番美形なスウェーデン人


・『ノルデック』プレアデス星人はどの人種に近いのか?
前回の日記に登場した写真のプレアデス人は、顔の骨格にゲルマン的なごつ味があるためスウェーデン人風、ビリーマイヤーが会ったというプレアデス人セムヤーゼの絵は顔の骨格が東洋人に近いためフィンランド人風に見えます。

ラトビア、リトアニア人は少数民族であることから、エイリアン分類『ノルデック』に近い人種というとやはりスウェーデン人、フィンランド人ということになるのだと思います。

フィンランド人とスウェーデン人は、外見と言葉が異なり一見すると別人種ですが歴史的には同じ国に統合された時代が長く、遺伝的には多少の交配があります。


分析結果
つまりヨーロッパのゲルマン系の遺伝子に外の異なる遺伝情報を持ったフィンランド人と、その人種に遺伝的に交わったスウェーデン人が『ノルデック』に近いということになります。



・科学的な分析結果から
白い肌、青い目、金髪のそれぞれがメラニン色素が少ないことを意味します。
現代科学では最初に誕生した人類は有色人種で、そこから白色人種が誕生されたと考えられています。

白色人種はそれぞれ地球上で太陽光線が弱い地域か時期に発生したと言われています。

太陽光線が弱いと体内でビタミンDが合成できなくなるために、体内のメラニン色素を少なくすることで生存の可能性を高めたのが白色、金髪、青い目ということになります。

予想
ここから、プレアデス星人という人種が存在するのであれば太陽光線、特に紫外線が弱い星に生息していると考えられます。



金髪人種が登場したのはおおよそ1万5千年前のことで、さらに青い目の人が登場したのは1万年ぐらい前のことだそうです。

青い目に関しては科学的なトピックスがあります。
青い目の人は、すべて1万年ほど前に突然変異で初めて地球上に誕生した青い目の人種の子孫にあるそうです。
人類と同じ祖先を持つというプレアデス星人が、この進化の過程にどのように組み込まれるかというと疑問があります。

プレアデス星人に関しては遺伝的に真偽の程が問われると思います。

次回は、金星人とノルデックの共通の謎を探ってみたいと思います。
いよいよ金星人についての結論を出したいと思います。

前回の日記
アメリカ政府が接した宇宙人『ノルデック』とは?(2010/01/20)
http://862516.blog45.fc2.com/blog-entry-90.html


次回の日記(カテゴリー分けが変わります)
金星人とクラリオン星人(2010/02/18)
http://862516.blog45.fc2.com/blog-entry-97.html
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
進化ですか?
 地球人類は地球外知的生命体の実験に因って造られた生物であり、地球原生生物では無い事は常識です。
 アメリカがノルディックと呼んでいる彼等でさえ、造られた生物達です。
 進化論についてどうお考えなのでしょうか?
 間違った超常識的な考え方を持ち出すなど、このサイトの趣旨に反すると思いますが。
2010/02/04(木) 15:39:43 | URL | mimensys #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/06(土) 19:25:23 | | #[ 編集]
こんにちは!
次なる展開をこころ待ちにしております!
更新、楽しみにしております。
2010/04/28(水) 02:12:04 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://862516.blog45.fc2.com/tb.php/96-e7796285
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。