宇宙人はいるのか?小宮さんのUFOブログ

日本で唯一のUFOエンジニア小宮のUFOと宇宙人の謎の研究記録です
2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ数日オバマ大統領がUFO情報を公開するという噂が流れています。
なんでも2009年の11月27日に公開されるとされています。

マイケル・サラ博士も年末に公開をすべきオバマ政権のスタッフが躍起になってるとされます。

さて、私なりに考えてみました。
以下、画像も文章も内容はほぼ同じです。

文章のほうが抜けがないかもしれません。




では、結論から。

年末のUFO情報の公開はないと思います。
可能性は25%程度だと思います。


しかし、この数字は過去に前例のないほど高いものだと思います。
ただし、これから2013年に向けてUFO情報のリークは増えてくると思います。


UFO情報の公開がない理由
・公開するメリットがない

例えば政治的か経済的な理由があれば前向きに公開されるかもしれませんが、今回そのような理由は見当たりません。
これだけ大きな政治問題が道義的や倫理的な理由で開示されるとは思いません。

・オバマはUFO問題にそれほど関心がない
現在、経済政策に躍起になっていてUFO問題どころではありません。
また、民主党政権はカーター、クリントンがUFO情報の開示をうたっていますが成功した試しがありません。
そもそも政府内にUFO情報がなく、それを開示させることがいかに困難なのか知っているため共和党の大統領同然にそこまで本気になってはいないのではないでしょうか。


しかし、情報開示の追い風が
一方情報公開対し、追い風も吹いています。

・国連がUFO問題の開示を検討しはじめた。
最近フランスがUFO情報の開示に躍起になっていて非公式ながらUFO情報を公開しようという会議が2008年2月に開かれました。
公式計画ではないため頓挫する可能性もありますが現状の目標を書きます。
2013年UFOの存在を開示
2017年宇宙人との条約を開示

・宇宙人によるアブダクション(誘拐)の減少
ここ20年ほどアブダクション事件がないため、ほとぼりが冷めた感じがします。
公開に対しての障害が減ってきたと思います。

・情報リークが増えている
2000年以降軍関係者の情報リークが増えています。
そして、2008年からはオルドリンをはじめとする宇宙飛行士のリークも増えつつあります。
これが開示に向けた意図的なものなのか、単に情報管理が甘くなったために情報がリークされているのかわかりませんが情報しやすい状況にあると思います。

さて、次回は情報公開があるならどんなシナリオであるかを書きたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://862516.blog45.fc2.com/tb.php/49-7cbffdb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。