宇宙人はいるのか?小宮さんのUFOブログ

日本で唯一のUFOエンジニア小宮のUFOと宇宙人の謎の研究記録です
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
矢追純一さんのUFO特番がリバイバルしましました。
現在GyaO!で無料公開されています。


年末年始のテレビ番組に飽きた時に楽しくご覧になれると思います。

・UFOに連れ込まれた! そこで目撃したものとは?(前篇、後篇)
・国家最高機密文書を入手! その内容とは?
・宇宙人の仕業? キャトルミューティレーション
・UFOを製造!? エリア51 地下秘密基地の謎を探る!
・生きた宇宙人が見つかった!?
・宇宙人は人類の滅亡する日を知っている!?

各30分ぐらい

過去に日テレで放送された番組のビデオ版がさらに再編集されていて、矢追さんの最近のコメントや裏話が加えられています。

放送でカットされていた部分の追加、過去の放送と異なる編集が行われていて意外と新鮮な感覚で見ることができました。

無料動画 GyaO!
http://gyao.yahoo.co.jp/

ユーザー登録が必要です。

各放送テーマは上の検索窓に“矢追”と入れて検索を実行してください。


テーマと内容が少しズレていますが、そこは御愛嬌、有料のビデオを無償用に編集しなおしたものなのですから。


・ちょいとひとこと
登場するガルフ・ブリーズの事件は、アメリカでは嘘だと言われています。
UFOの模型や偽の写真が根拠だとされますが、登場する模型のUFOが写真と比べてお粗末なもので偽物説を否定している点が面白いです。


登場するもう1件の偽情報とされるのは南アフリカのUFO墜落事件です。
これは私なりに追跡調査を行ってみました。

やはり、この話は作り話だと思います。
まず、人種差別政策を行っている南アフリカに対して各国は武器輸出の禁止を行っています。
ミラージュ戦闘機は各国が禁輸政策を行う前に南アフリカが購入したものですが、事件が起こった当時にミラージュを輸出したフランスは交換用の保守部品でさえ南アフリカへの輸出を停止していて南アフリカは交換用の部品を内製化しなければならない事態となっています。

当然証言で登場するアメリカ製の秘蔵のメーザー兵器が南アフリカに存在するはずもありません。

この証言者が公然とカメラに向かって嘘を言っているとしか思えません。

ところが証言ではなく登場するレポートに書かれているトールレーザ-は当時の軍用実験装置として実在し、なんとトール砲というレーザー砲がアメリカ陸軍の兵器として2年前から実戦配備されています。


ここから言えることは、この墜落事件のレポートの捏造主は軍事兵器に詳しい者だということです。

軍事技術に詳しく、なおかつ武器の禁輸政策で記載の兵器が南アフリカにありえないことなど用意にわかる嘘を公然と書いているわけですから故意のディス・インフォメーションだという可能性が高いと思います。


すると、今回はアップされていませんがレポートに登場するリアリティーさ満点のエイリアンの描写図はどこから持ってきたかという疑問が生じます。



さて、火星の話題がたまっていますのでこの休みの間に火星の話題を少し書きたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://862516.blog45.fc2.com/tb.php/135-f2afd926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。