宇宙人はいるのか?小宮さんのUFOブログ

日本で唯一のUFOエンジニア小宮のUFOと宇宙人の謎の研究記録です
2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イギリス国防省でUFOファイルが破棄されてると書いた翌日に日米核疑惑での日本の外務省の対応の内幕が暴露されました。

外務省はアメリカとの核密約に関する内部資料を情報公開法が制定される直前の2000年頃に廃棄していたとの暴露がありました。

証拠が提示されてしまうと自分のみならず、他の第三者も悪者にしてしまうため公表はできないと官僚たちは考えるのでしょう。
他の部署や国に対する迷惑への配慮は官僚としては当然の考えなのかもしれません。

イギリスでは情報公開法の制定直前には政府が持っている多くの極秘資料が廃棄されたと言われています。

情報公開法により世の中に公開された事実は多いのですが、その逆に公表しずらい内容の文章は公表を恐れて破棄されてしまい、その真相が葬られてわからなくなってしまうこともあります。

さて、イギリスの国防省が内部資料を廃棄しているということは新たな情報公開に備えているのだと言えると思います。

それが確実に起るかどうかわかりませんが、国防省はその可能性が高いと見て行動していると言えます。


過去の日記
情報公開のカギを握るイギリスの新たな動向(2010/03/09)
http://862516.blog45.fc2.com/blog-entry-101.html
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://862516.blog45.fc2.com/tb.php/102-1b149bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。