宇宙人はいるのか?小宮さんのUFOブログ

日本で唯一のUFOエンジニア小宮のUFOと宇宙人の謎の研究記録です
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アポロが月に行ったのが事実なのか嘘なのかという議論がありますが、私の得ている情報ではアメリカの月面調査はほとんど公開されずに極秘裏に大きな規模で行われたものと解釈しています。

例えばアポロ11号に関しては一般国民に対するデモンストレーションにすぎず、PRや一部の情報公開を行うために事前撮影された画像や後で合成された写真が多用されているのではないかと思います。

それでは、裏の秘密テクノロジーを所有してとっくに月に行っていたのでしょうか?

こういう極秘のテクノロジー論の話がよく出ますが、現実に直前までアポロの打ち上げに失敗している点から、アポロ以上のテクノロジーは保有していなかったと思います。

当時保有していたのは技術ではなく、ブラック・マネーと呼ばれる巨大な裏の軍事費です。

つまりはアポロやジェミニ計画で使用されていたものと同様の宇宙船を持っていて発表以前に月面の調査を行っていたと考えるのが妥当です。

すべてが同じ機材を使っていたとは思いませんが、国家予算に匹敵する規模の軍事調査を行うのであれば、これは必然であると思います。


さて、アポロ計画は当初20号まで計画されていましたが予算削減の影響を受け、実際に打ち上げ下られたのは17号までとされています。

しかし、2008年ごろから20号が撮影したという月の都市の写真や月面の葉巻型のUFOの写真がWeb上に出回っていて話題になっています。

そして、そこで回収されたなんとも不思議な女性エイリアンの遺体の画像がYoutubeにアップされています。


イタリアのUFOブーム
最近イタリアではUFOブームなのだそうです。
テレビや本のみならずUFOを研究している大学の教授の発表も増えています。

クラリオン星人をはじめとしたイタリア発の異星人情報というのも実は少なくありません。
その余波を受けてなのかアポロ19号と20号の話題がイタリアのマスコミに大きく取り上げられています。

当時の飛行士の情報リークにより、月面の葉巻型UFOと都市の調査が目的だったとされています。

YoutubeにアップされているイタリアのUFO番組を紹介します。
画像だけでも見る価値はあると思います。

Il Mistero dell'Apollo 20 - Parte 1(8分-Youtube画像)
http://www.youtube.com/watch?v=mUB8MqXVj4Q&NR=1

注目したい画像
1:08  アポロ20号が撮影したと言われる月のガラス状都市
2:00~ 月面上に発見されたエイリアンシップ

3:20~ 回収された女性エイリアンの遺体   

モナリザEBEの画像検証をしてみます
Apollo 20 EBE Mona Lisa TV Unscheduled Transmission(3分-Youtube画像)
http://www.youtube.com/watch?v=XqR8zDGIwMo&feature=related

当時のアポロ船内の機材と同一レベルのものが周囲に並んでいます。
画像の乱れ方は当時のカメラによるものの傾向と同じです。

単純にコンソール、スイッチを配備したものを作成するだけでもざっと200万円近くかかっていると思います。
パネルの加工、設計工数、スイッチだけでもバカにならず、これだけのものを作るのは簡単なことではないと思います。
マニアのイタズラ画像ではないとは言えます。

しかし、異星人の遺体とされるものは、よくできた蝋人形(ろうにんぎょう)のようにしか見えません。
信憑性については情報が少なくてなんとも言えません。

東洋人風なものだというのが珍しいですね。


アポロの宇宙飛行士の暴露情報が下記のゴトさんのブログに書かれています。
計画の目的や都市の廃墟、飛行士の月面のUFOの内部に潜入した驚きの話が書かれています。

Lagoon Diary
(アポロ関係のカテゴリ-)
http://blogs.dion.ne.jp/dog_gett/archives/cat_336552-1.html

英語の情報サイトを翻訳しながら書いているそうで、記事はまだ進行中です。
詳細と今後の記事についてはゴトさんのブログをご覧ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
NASA スペースシャトル ミッション STS-XXX
スペースシャトルミッションで意識的に捉えられた数々の未確認飛行物体の映像があります。
スペースシャトルのクルーも地上のミッションコントロールとの会話ではUFOという表現は殆ど注意を払い使いません。せめてそれを指す時に物体(Objrct)位の単語は使っていますね。
私が思うには驚愕の映像としてはミッション「STS-75」の映像です。
このミッションはUFOを捉えるために撮影していた訳ではないのにシャトルからランチアップした人工衛星を撮影する際に最初から最後まで大量のUFOが群が人工衛星の周囲に群がってしまい、その映像が撮られてしまったものです。
NASAの見解では、それらは宇宙空間を漂う氷粒だとの苦しい言い訳をしていますが、素人が見てもその言い訳には騙されない真実の映像ですね。必見です。
まあNASAは、それらを地球外知的生命体の飛行物体であると認める権限は無いので仕方ない事ですが。
世間にはUFO?宇宙人?本当にいるの?とのんきな人々が結構いますし、宇宙人はいる?いない?を議論している人たちも大勢います。
しかし、もういい加減目を覚まし、人知を超える存在を素直に認め、地球人類も宇宙人類としての仲間入りする時代が近づいてきたのだという認識のもと、これからの地球人としての世界創りを真剣に考えていかなければならないのではないでしょうか。

2010/07/29(木) 21:12:35 | URL | BatMan #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://862516.blog45.fc2.com/tb.php/100-c2c106a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2010/03/09(火) 00:52:04 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。