宇宙人はいるのか?小宮さんのUFOブログ

日本で唯一のUFOエンジニア小宮のUFOと宇宙人の謎の研究記録です
2009/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ディスクロージャープロジェクトや、マイケル・サラ博士の研究は多くのUFO・宇宙人情報を紹介していますが結局のところ、情報の積み重ねであって、全体像を正確に捉えているわけではありません。
コンタクティー アレックス・コリアの語る情報も多岐に渡っていますが、多少の偏りがあるのではないかと思います。


真相の全体像を知っていそうなリーク情報として是非とも知りたいのは情報を統括している人たちの証言です。
これに該当するものに、マイケル・ウルフ博士の証言があります。

彼はMJ-12の科学技術担当として多くの情報を知ると共にいくつかの研究に携わっています。

矢追純一氏のUFOスペシャルの最終回にも登場し、語っていますが肝心な部分は“それは言えません”とお茶を濁しています。


実は他所では言えないどころか語っていて、その語録が残っています。

あまり多くのことがリークされていませんが、その内容は衝撃的です。
そして、誰も知らないようなトップレベルの情報とされるためリークの内容の真偽の判断は難しくなります。

アメリカがコンタクトしているエイリアンの種類は多く、その情報も多岐です。
その中で私が驚いたウルフ博士のリーク情報を4つ書きます

・アメリカは、プレアデス、鷲座から来た人間型の宇宙人とコンタクトしている。
・技術供与を受けた“グレー”には、人と同様の感情、人間以上の倫理観がある。仲良くなった“グレー”は、人に抱きつくイタズラをして人を困らせる変なものがいる。
・レチク座から来る“グレー”とアメリカはアメリカ側の都合の良い条約を結んでいた。
 地球滞在を許可するような形で滞在しているものがいたが、軍の強行な姿勢が問題になり条約は破棄となった。
・地球周辺のエイリアンは人種ごとの同盟や連邦を4つ作っていて、それぞれ同盟を組んでいる。

  同盟の名前           説明 (ウルフの説明による) 
 Alliance          人間的に見える ET についてアルタイルわし座系、プレアデス星系の同盟
 Corporate         ゼータレチクルのグレー
 Federation of Worlds   多くのスター系からの特定されていない人種
 United Races of Orion オリオン星系からの集団



地球から17光年と近い鷲座から人間タイプの宇宙人が来ているという話は、初めて聞きました。
正直なところ本当なのかな?という感があります。

また、プレアデス(星)人はスイスのコンタクティー:ビリーマイヤーがコンタクトした宇宙人として有名ですが、真偽について双方に多くの情報があります。
チャネリング情報ではよく登場しますが証拠がないため、真偽の程は謎です。

ひとつ、おもしろいことに気が付きました。

UFOの開発を行っていたと証言するロバートラザーがビリーマイヤーの写真にあるプレアデス星人のUFOをエリア51内で見かけたという話があります。

当初、ビリーマイヤーの情報が怪しいことからロバートラザーの証言も怪しいとされたことがありました。
アメリカがプレアデス星人と友好関係にあり、UFOを譲り受けたのであれば、これでつじつまが合ってきます。

軍のリーク情報を専門に研究している方からはラザーの証言は偽情報ではなく、真実だと最近言われています。

グレーの話は別途改めて書きたいと思います。


過去の日記
Youtubeの矢追さんのUFOスペシャル1998年版(2009/10/06)
http://862516.blog45.fc2.com/blog-entry-43.html
マウケル・ウルフ博士の証言画像あり
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。