宇宙人はいるのか?小宮さんのUFOブログ

日本で唯一のUFOエンジニア小宮のUFOと宇宙人の謎の研究記録です
2009/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネット検索しているとUFO開発エンジニア大量採用というのが目に止まりました。
アクセスしてみると「UFOの推進システムを開発する電気系エンジニアを募集」とあります。
なんか面白そうな仕事で専門性も合っているかもしれません。
すっかりその気になってその先を読むと、自分の経歴にも合ってるじゃないですか。

ついにアメリカの軍事産業メーカーが日本に参入してきたのでしょうか?


胸を躍らせ読んでいくと『4月1日はエイプリルフールです』とありました。
そうですよね。
UFO技術者募集なんて馬鹿な話はないですよね。

どういうご都合主義の話なのか矢追さんが真ん中に登場していたのにも気がつかず、人材募集の本気で読んでいました。
全く笑える話です。


Tech総研の求人サイト
活躍の場は宇宙!UFO開発エンジニア大量採用の衝撃
http://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=001303&__m=1

そもそも私の専門の電子分野というのは車を制御するのと同じでせいぜいUFOの制御回路を設計するぐらいの活躍範囲しかなく、わざわざ日本で求人などしないですね。

ところが、情報公開を行なったディスクロージャー・プロジェクト(1)ではUFOの飛行原理を電子を専門とする学生のレベルで説明している部分があります。

もちろん、大学で教えていることだけで飛行原理まで理解できるはずはありません。
なんせ現代科学を持ってしても理解しきれていない分野なのですから。

ところが、これが未知の科学分野ではなく1900年頃に発見された電気磁気学のうち、忘れ去れた分野だというから驚きです。

つまり、100年以上も前のかなり基本的な原理原則に戻った技術ということになります。
全く未知の科学ではなく、過去に遡ることになりますから良いヒントが与えれれればこの技術を理解することは不可能ではないということになります。

さて、それならばこのUFOの飛行メカニズムを解明したくなりますね。
時間の無駄に終わってしまう可能性が高いもののちょっとチャレンジしてみようかと思います。


(1)ディスクロージャー・プロジェクトについて
過去の記事
アメリカ政府のUFO情報が公開された (07/06)
http://862516.blog45.fc2.com/blog-entry-2.html
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。