宇宙人はいるのか?小宮さんのUFOブログ

日本で唯一のUFOエンジニア小宮のUFOと宇宙人の謎の研究記録です
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数年前にビートたけしのTVタックルで金星人の顔写真というのが公開されました。

写真を持ってきたのは大槻教授と論争を続けている、たま出版の韮澤編集長です。
一瞬にスタジオが騒然とし、何だという雰囲気になりました。

大槻教授は開口一番に「なんでそれが金星人なの。普通のアメリカ人じゃない」と言い、大竹まことさんからも同様のつっこみが入りました。

どういう写真かというと1960年代に流行った雰囲気のオールバックでスーツを着たアメリカ人風の男性が写っていました。
どう見てもこれはアメリカ人ですよね。

金星人なのかもしれませんけど、普通の西洋人にしか見えないのは事実です。
スタジオは笑いに包まれていて、なんだよという雰囲気でした。

韮澤さんは何を質問されても「だからこれが金星人なんだ」としか答えず説明らしい説明もなく、いきなり写真が出てきただけで終わってしまいました。

韮澤さんは今や会社の経営までやっているわけですからこういう場で説明することぐらいできたと思ったのですが。

後に聞いた話では韮澤さんの心情として、UFO研究家はUFOを否定する科学の専門家と接するのは好ましくないと思われているようです。
大槻教授が食事に誘っても韮澤さんは断固拒否し、一度もいっしょに食事をしたことすらないそうですね。


さて、古本屋まわりをしていたらそれらしい写真が出ている本を見つけました。

大統領に会った宇宙人
ペンタゴンの宇宙人極秘報告
フランク・E・ストレングス 著
韮澤潤一朗 監修  金子浩 訳
たま出版  平成8年12月発行

なんと韮澤さんの本だったんですね。
読んでみると初めて聞くような話ばかりです。

事件は1957年に起こりました。
バージニア州に着陸したUFOから下りてきた宇宙人が駆けつけた警官に身柄を確保され、そのままワシントンに向かい当時の大統領アイゼンハワーに会ったというものです。
そして、その宇宙人は3年間ペンタゴンに滞在し金星に帰っていったとされています。

太陽系には多くの生命が存在することや金星人が金星の地下に住んでると書かれています。

ここで、この話の他の情報との相違点と合致点を検証してみます。

他のUFO情報との
合致点
・金星人の存在、太陽系に生命がたくさん存在することは有名なコンタクティーであるアダムスキーの話と一致する。
・昔のアメリカのコンタクティーの話では人間と同じ姿をした金星人の話が多かった
・アメリカの諜報組織、隠蔽している事実について発刊当時としてはあまり知られていないような事実まで書かれている
・ナチがUFOを開発し、現在も南アフリカに潜んでいることが書かれている。
 これはナチのUFO研究家の意見と一致はするが内容は詳しくない。

相違点
・民間によるUFO情報を統括しているメジャーな活動として有名なディスロージャープロジェクトでは金星人の存在、政府筋によるリーク情報がない。
・最近のUFO情報では金星の話はほとんどない

まとめ
地球に下りた金星人が簡単に会見に大統領に会いに行ったあたりの展開が不思議です。
その前に身元の確認にのようなことをしっかり行なって、危険がなければ会うという展開になるのではないでしょうか。

また、その後にこの話を引用する事例や本もないため事実として認めにくい話だと思います。

写真は誰かのトリック写真というわけではなく、民間の専門のカメラマンが取った写真で撮影者のコメントまで本には記載されています。また、当の宇宙人が様々な人と会ったとされ、その何人もの名前が記載されているため否定しきれない点があります。
スポンサーサイト
今日は七夕ですね。
男所帯なんて特に何もしませんでしたが。
と思っていたらサーバーのトラブルで翌日になってしまいました(笑)


最近は出版業界は酷い不況だそうで本を出してもほとんど売れないそうですね。
ミリオンセラーを出せば印税で大儲けできると聞きましたが今では1万部も売れる本すらほとんどないそうです。

UFO関係の本もやはり景気の影響を受けてここ数年はほどんど売れなくなったそうですね。
そんな中でクラリオン星人の本が今は売れてるそうです。
さっきも大きな本屋に行って来ましたが珍しく山積みにされていました。

超次元の扉―クラリオン星人にさらわれた私
超次元スターピープルの叡智 クラリオンからの伝言


両方共徳間書店から今年出版されたものです。

クラリオン星人と言えばビートたけしのTVタックルで紹介されていましたね。
どうもこの番組はUFO関係の話をお笑い系の方向に持ってゆく傾向があります。

私もちょっとお笑い系の話かな、なんて思って読むのは躊躇していました。
ところが最近いろいろなところでクラリオン星人の話を聞きます。

そこで私も2冊買って読んでみました。

クラリオン星人にさらわれた私のほうは話にまとまりがなく、内容がよくわかりません。
一方クラリオンからの伝言のほうは、浅川嘉富さんという方とクラリオン星人に誘拐されたというマオリッツオ カヴァーロさんの対談形式になっていて非常にわかりやすい本です。

今読んでいるところですがレアなUFOネタの集大成みたいで非常におもしろいですね。
ただ、気になるのはクラリオン星人というのは人類よりも5億年も進化しているんでしょうか?
ただサングラスをかけた子供にしか見えませんが。
総評は後日まとめてしたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。