宇宙人はいるのか?小宮さんのUFOブログ

日本で唯一のUFOエンジニア小宮のUFOと宇宙人の謎の研究記録です
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年にロバート・ディーンが発表した火星の情報を入手しました。
これはYoutubeで公開されています。

2009年にスペインで開催されたヨーロピアン宇宙政治学サミットの一駒です。

すでに御存じの方もいらっしゃると思いますが日本語のサイトではほとんど紹介されていないために取り上げたい思います、

ディーン2改
ロバート・ディーンの公演の様子


ロバート・ディーンは最近は講演会などを行っているそうです。

今回は火星に関する部分だけ取り上げます。


まずは火星上の建造物の写真です。
今日は、この写真を取り上げたかったために書いています。



マリナーの撮影と説明されていますが、火星の地表を詳細に撮影できたのはマリアー9号だけですから9号を意味していると思います。
マリナー9号は火星の地上を詳細に撮影した最初の探査衛星です。

撮影されたのは1971年でバイキング計画による人面岩の発見よりも5年前のことになります。
NASAは、1971年の時点ですでに火星上に建造物を確認していた可能性が大きいということになります。

ディーンは、この建造物が何なのか判別できていません。

予想では宇宙船の基地ではないかと語っています。
この建造物は火星の赤道上にありますが、火星の自転の力を利用して少ない力で宇宙に飛び立てる場所にあると説明しています。

なるほどと思いました。

あまり話題になっていませんが、もっと注目されてもおかしくない写真だと思います。

続いて火星の地下都市の写真です。

火星の都市

ソ連の火星探査衛星フォボス2が撮影した火星の地下都市の表面と言われる写真です。

フォボス2は赤外線センサーにより地表の温度が異常に高い地域を発見し撮影したものがこれです。
ドイツの雑誌に掲載されたものです。

正直なところ、写真の鮮明さがないために何が写っているのか判別しにくいものだと言えます。

この写真は写っているものの内容よりも、当時のソ連が火星の真実についていくつか情報を流しているということの証拠として重要だと私は思います。

ディーンも当時のソ連はNASAとは違って情報を公開する傾向にあると語っています。

例えば、フォボス2は最終的には火星の衛星フォボスに接近する途中で故障し音信不通となっています。
そして、その直前に送られてきた画像には巨大なUFOのようなものが写っていて、その写真が公開されています。

旧ソ連がどこまで火星の実態をつかみ、何を公表したのかという調査のテーマがあると思います。

しかし、ソ連の火星探査の歴史は失敗続きで計画どうり満足に機能した探査衛星はひとつもありません。

ましてや、火星で攻撃されて墜落した探査衛星の噂もあり興味が尽きない話題だと思います。

米ソ欧の開発史とその成果、問題画像の発見、打ち上げ失敗真相を分析してゆくとはっきりした傾向があります、
次回は人類の火星探査の歴史と関連するトピックスのまとめを書きたいと思います。


ロバート・ディーン
1963年NATOの司令部SHAPEに在籍中にNATOの持つ異星人ファイル[アセスメント]を見たと証言。
4種の異星人情報が書かれていたと証言。
矢追純一氏の番組に出演のために日本へ来日したことがある。
米軍のOB、NASA関係に交友を持ちUFOに関する真実を伝える活動を展開中。
81歳


出典
Bob Dean's presentation, European Exopolitics Summit, Barcelona, 25 July 2009
http://www.youtube.com/watch?v=_ngvIP0Za9M&feature=player_embedded
NASAの秘蔵のUFOの写真などもありますが1時間7分の長編構成となっています
火星に関する話は43分から


過去の日記
期待はずれのNASA(2010/12/03)
http://862516.blog45.fc2.com/blog-entry-133.html
スポンサーサイト
散々気をもませて地球外生命体発見の話ではありませんでした。

NASAの告知は、「宇宙生物学上の発見」と発見されたことを示唆するような表記だったため多くの人に期待させていましたね。

コンタクティーやリモートビューアーからの情報では、生命の形態はあらゆる形を取るため地球の常識外の生命の形態も存在しうるとのことです。


NASAに火星の情報公開に関して先を越されるのではないかと思いましたが、火星に関する話はありませんでした。

これを機会に火星探査の歴史と先日のリモートビューアーの証言を踏まえてしばらく紹介したいと思います。
なんとNASAが地球外生命体の存在の発表を明日行うそうです。

日本時間では12月3日午前4時の予定です。

ここ2年ばかり、カトリックの総本山のひとつのバチカンやイギリスの科学会を代表する英国王立協会が
地球外にも生命が存在してもおかしくないと何度も発言した意味は、やはりアメリカへの地球外生命の公表への呼び水だったのでしょう。

混乱を招かないようにと先導を務めるとともにアメリカに公開しなさいとプレッシャーをかけたわけです。

このような経緯至るには少なくとも4年以上前に現在火星上で探査活動をしている2台のマーズ・ローバーは証拠を発見していたということではないかと思います。

さて、異星人の存在ではなくて火星に単細胞生物のようなものがいるか、いることが確実だという論調になると思いますが、どうなることでしょうか。
8月に火星の画像を紹介したコートニー・ブラウンと時期を同じくして、リモートビューイングを扱った映画が公開されていました。

“ヤギと男と男と壁と”

10年以上も表に出ることのなかったコートニー・ブラウンは、ここぞとばかりにコラボレーションを狙った発表だったのでしょうか。


さて、火星のドームやジェット噴射らしい何かの証拠らしきものが出てきたことで、リモートビューイングに関する情報に関心が高まり、ここしばらくリモートビューイングに関する情報を集めていたところ、アポロ関係のブログを書いているゴトさん(リンク先にあり)からコートニーの2冊目の本を紹介されました。

コニー

 2冊目の本 COSMIC EXPLORERS

知らなかったのですが1999年と少々前に出版された本でした。
1冊目は和訳され、日本でも“コズミック・ボヤージュ”というタイトルで出版されましたが2冊目は日本は発売されていません。

2冊目は更に詳しく、かつ背景や状態が書かれているためコートニーのリモートビューイングの実態が手に取るようにわかり非常に興味深いものの、理解しがたいコートニー独特の造語が登場し文章に難解な点があります。


火星の実態は?
2冊めを要約すると下記のようになります

・人間そっくりの火星人が地下やドームで細々と生活している
・それを援助しているグレイの集団がいる
・その他にレプタリアンなのかグレイの反乱分子のようなものがいる。
・一部の人間そっくりの火星人は地球のニューメキシコ州のボールデー山のふもとへの移住を開始している。



正直なところ、半信半疑なこともあり他の情報も含めて話の信憑性を評価してみました。
運よく今まで気がつかなかったリモートビューイングの情報が多く得られたため比較してみました。

すると、驚くことに多くのリモートビューイングの結果は多少の相違はあるものの上記を肯定するようなものばかりでした。
さらに、コンタクティーや火星にテレポーテーションしたという軍関係者の情報を加味するとますます肯定の度合が増します。


参考にしたのは
リモートビューイング関係
・元米軍のリモートビューイング部隊の証言
・全米リモートビューイング協会の調査の結果
・ジョー・マクモニーグルの証言

コンタクティー
・アレックス・コリアーの証言(グレイの存在のみ)
・人伝に聞いた火星人とコンタクトしている日本人コンタクティーの話
  (証拠写真は見せてもらった)

テレポーテーション証言(火星人種の種族にまで言及していない)
・アーサー・ノイマン、アントニオ・バシアゴ他1名

面白いのはリモートビューアーは、人間そっくりの火星人の存在を証言していますが、コンタクティーは人間そっくりの火星人に関しての証言は少ないのです。

これは、コンタクティーは滅亡寸前の人間型の火星人を擁護するため情報が遮られているのか、もしくはリモートビューアー全員が幻覚のようなものを見ているということではないでしょうか。


過去の日記
14年ぶりに火星をリモートビューイング(2010/08/03)
http://862516.blog45.fc2.com/blog-entry-124.html
14年も前のことになります。
火星をリモートビューイングしてエイリアンの存在を確認したと発表した大学の教授がいました。

エモーリ大学のコートニー・ブラウン教授です。
発表されたアメリカでは大騒ぎになり、日本では『コズミック・ウォエージ』という本で紹介されています。

それ以来長い間沈黙を保っていましたが、先月新たな発表を行いました。

JPLが公開している火星の写真に巨大なドームを確認し、そこにいる異星人を確認したそうです。
(JPLはNASAの下請け機関で火星の画像の分析等を担当)

スプレー状の噴射
建造物からジェット状の噴射が写っている

巨大ドーム
これ全体が巨大ドームで、地下トンネルで他のドームに繋がっているそうです

巨大ドームは古代建築で、その中の人間型の異星人たちが住んでいるそうです。

中には動力源らしきものが存在しますが、彼らはそのメカニズムを理解していないらしいとのことです。
彼らは、どこかの星から来たらしいのですが生まれ故郷に帰れなくて貧困に直面しているようです。


火星ドーム
ドームをリモート・ビューイングしたところ





コートニー・ブラウンの公演 Youtube画像

リモート・ビューイングに関しては、デマではないかという話をよく聞きます。
しかしながら、様々な視点から見た結果から私は信頼すべき情報だと思うようになりました。
ただし、情報精度が必ずしも高くないのが問題です。

今回コートニー・ブラウンが、読解の誤りがある可能性を示唆しています。

さて、ここ最近はアメリカの軍関係者の何人かが火星に行き、火星に住んでいる人類と会合を行ったと証言して話題になっています。

なんと全員テレポーテーションで火星に行ったそうです。
それぞれ行った年代が異なり、状況は微妙に異なります。

 証言者は多いものの、情報が少なく定量的な情報がつかめない状況にありますが、ここ1年の証言者が多いことから、急展開もあるかもしれないと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。