宇宙人はいるのか?小宮さんのUFOブログ

日本で唯一のUFOエンジニア小宮のUFOと宇宙人の謎の研究記録です
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとロシアがUFO情報の公開に向けて動いているという情報が入っています。
メドジェーベフ首相がアメリカのオバマ大統領に共同で異星人情報の公開をしようと2013年1月と2015年1月の世界経済フォーラム(*1)で呼び掛けたそうです。
ロシアから異星人情報の公開はあるのでしょうか。


今回は、すでに発表されている矢追さんのYOUTUBE情報を引用させていただきます。

矢追師匠2




それでは、矢追御大に解説をお願いいたします。

リンク先(リンク切れになっている可能があります)
https://www.youtube.com/watch?v=sQ_T5wDwAa8


・事態を簡単に説明します。
ロシアには異星人が住んでいて、ロシアには異星人対策部隊があるとテレビ取材で公表し、物議をかもしているメドジェーベフ首相が、今度はオバマ大統領に異星人情報の公開を呼びかけたそうです。
そして、アメリカが同意しない場合にはロシア単独で情報の公開を行う用意があるとのことです。

・今後の展開の予想
さて、原油と天然ガスを産出しているロシアはここ2,3年の原油と天然ガス価格の高騰のおかげで再び大国の座に返り咲き、国際的な発言力が増しつつありました。
ところが、去年から石油の市場価格が暴落し、今年に入ってからは天然ガスの市場価格も下がり出しました。

さらに、2014年のウクライナ紛争への介入に端を発し、西側諸国の対ロシア制裁、ルーブルの下落といった厳しい状況によりロシア経済は、低迷し経済危機に陥ったと言われています。
こういった悪い状況で異星人問題の公開を行うことはロシアとしては何の国益にもなりません。

私は今すぐ大きな情報公開はないと思います。
しかしながら、社会不安を増大しないようにロシアから少しずつ情報がリークされることに期待したいと思います。

次回はオバマのUFO情報の公開の行方について書きたいと思います。


補足
*1 世界経済フォーラム(World Economic Forum)
世界経済フォーラムは、世界情勢の改善に取り組む、非営利の国際機関です。
毎年1月にスイスのダボスで年次総会をが開催することで知られています。
この年次総会には、約2500名のジャーナリスト、世界的な大企業の経営者、政治家が一堂に会し、世界が直面する重大な問題について議論します。


・過去の関連する日記
ロシアのMIB? メドベージェフ語録の真相(2015年1月15日)
メドベージェフ首相がロシアの宇宙人問題を暴露 (2013年1月19日)


,
スポンサーサイト
UFO・宇宙人に関する証言者を集めて情報公開を行っているスティーブン・グリア制作の情報公開映画“シリウス”のデモ版が公開されました。

グリアはアメリカの軍、政府、NASAや軍需機関でUFO問題に関わった人を集めて情報公開を進める“ディスクロージャー・プロジェクト”を主催していることで有名です。

シリウス_0
スティーブン・グリア
SIRIUS予告動画より

今回は大胆にも映画でUFO問題の真相を暴露します。
過去の政治家たちの貴重な証言と現代の内部告発者によって、人類か過去の宇宙人からの影響を受けてきたこととアメリカ政府が隠蔽してきた宇宙人政策を暴露します。

そしてサプライズは、宇宙人の遺体らしいものがスペインで見つかり、これに関する医学的な分析結果の発表が含まれています。

SIRIUSデモビデオ
(リンク切れになっている可能性があります)

ディスクロージャー・プロジェクトは、これまで重大な暴露を含む発表を多く行ってきました、
その結果がまとめられていないのが問題でしたが、今回は歴史的な事実にスポットを当ててフィクションの映画としてまとめ上げたということに大きな意義があります。

かつてのアメリカの大統領、アイゼンハワー、ケネディー、イギリスの首相チャーチルはUFO問題の真相について何を語ったという事実をすべて統合していますが、それだけでも様々な実態が見えてきます。
これに加え現代のUFO情報に関する内通者が補足を加えます。

これらの証言はマスコミで個別に報道されたことはありますが、個別の扱いでは記憶にすら残らず忘れ去られてしまう程度の問題でした。
しかし、これをすべて集めて眺めてみると様々なことがわかります。
かつてのアメリカやイギリス政府の中にUFO問題があったという事実を社会に知らしめることにつながるのではないでしょうか。


さらに映画の中では未知のエネルギーの研究成果についても語られます。
これに関しては情報がないのでよくわかりませんが現状のエネルギー危機の解決に繋がるような成果が発表になることを期待しています。


サプライズの部分はスペインで見つかったエイリアンの遺体の分析結果の発表です。

シリウス_1
エイリアンの遺体の分析シーン
SIRIUS予告動画より

かつて、この手の生物のDNAの分析は何度も行われていますが満足な結果は得られていません。

身元が確かな機関ではすべて分析に失敗しています。
わずかに分析に成功したと言われる例がありますが分析者は匿名で情報の公開を行っています。
これでは信憑性すらありません。
現在DNAの分析を行っている最中で、この分析結果を映画の中で報告することを予定しているようです。


シリウス_2
X線解析の結果
SIRIUS予告動画より

DNAの分析以外にはCTスキャンやX線による分析が行われています。
その結果からは、骨格が明らかに人とは異なるそうです。
人と比べると明らかに小さなものですが、人間の子供や奇形児ではないとの分析結果が出ているそうです。

上記の2つの写真を見るとわかることは、肩甲骨が背中側ではなくて反対の胸側にあるということです。
これはなかなか興味深いことです。
地球上の生物で肩甲骨が胸側にある生物は多くはなく、鳥とイルカが代表的とまります。

これは肩甲骨が前にあることによって腕が前に出ることを妨げるような骨格になっています。
さらにX線写真によれば腕が体の後方、つまり背中側に向いて付いています。
肘から先は作業がしやすいのか体の正面を向いた方向に腕が付いています。

この生物は進化の過程でこのような構造が適切な環境に育ったのかもしれません。
鳥やイルカのように空中か水中のような環境で育ってきた生物かと思いますが想像の域を出ません。

さて、無事にDNAの分析結果が終わったとして、どこから来たものなのかがはっきりしなければこれが宇宙人であるとは言い切れません。
しかし、これが地球上のいかなる生物のものとも異なる、もしくは地球上の生物の遺伝子との関連性が薄い生物であるとするならばこれは何であるかという謎を全世界に向けて発信したことになります。
少なくとも生物学的には大きな問題です。

そういう意味でもシリウスは問題作となるでしょう。

さて、映画の制作は進んでいますが春に公開予定という以外に具体的な情報がありません。
日本で公開されるかというと少しばかり疑問があります。
マスコミが無視しているUFO問題を日本で取り上げる可能性はあまり高くないと思います。

良いスポンサーが付いてくれるといいなと思います。

公開の予定がはっきりしたら報告させていただきます。


・エイリアンの遺体分析の補足
このような人間型の生物の遺体の分析結果を集めるといくつかの共通点があります。

・骨格の構造が霊長類にそっくりである
・なおかつ猿のように脊柱が曲がっておらず、直立姿勢を保てる生物である
・骨密度が高く、骨にカルシウム分が多い
・小型で乾燥したミイラになって発見される

DNAの分析に失敗することが多いのは主成分の骨に含まれるカルシウム分が多すぎて分析時に骨がなかなか溶けないためだという例が発表されています。
よって、DNAの構造そのものが異なるということはないと思います。

これらの生物は直立姿勢をとるため、少なくとも猿以上の知能がある可能性があります。

また、骨格が哺乳類の霊長類によく似ています。
これらの生物はレプタリアン人種とされますが、哺乳類に近い生き物なのかもしれません。
この分析は別の機会に書きたいと思います。


過去の日記より
ディスクロージャープロジェクト2001年のUFO情報公開を振り返る1(2009年11月17日公開)


昨年2012年12月にロシアのメドベージェフ首相がロシアの宇宙人問題に関してちょっとした暴露を行い、話題になっています。

今回は発言の真相について書きたいと思います。

日本では珍しく時事通信がこれを取り上げていて“ソ連時代からの軍事・宇宙大国のトップ経験者だけに、ジョークとは簡単に切り捨てられないようだ。”と冗談ではないとしています。
これに対し、海外では冗談もしくは真偽のほどを問う報道となっています。

「宇宙人は存在する」=ロシア首相が発言、ネットで物議(時事ドットコム)
(リンク切れになっている可能性があります)

ロシアにも「宇宙人ファイル」が存在し、大統領就任時にそのファイルを引きついだと発言したと書かれていますが、発言はそれだけではありません。

時事通信が伝えていない部分を含む全発言から何を言ったのかを分析してみます。

この発言からわかることは
1. 宇宙人情報に関するファイルが存在し、大統領就任時にそれを引き継いだ
2. このファイルを作成したのは専門部隊で、ロシアは対宇宙人対策部隊を持っている
3. ファイルの内容を知りたければ、例えば映画“メン・イン・ブラック”を見ればわかる。
  (この映画のように地球に紛れ込んでいる宇宙人たちがいる?)
4. これ以上の真実を話すとパニックになる可能性があると首相は考えている。


メドベージェフ
ロシアの宇宙人問題について力説するメドベージェフ
右は冗談まじりに質問した女性アナウンサー


海外では「宇宙人が地球に来ていますか?」という冗談まじりの問いに対してメドベージェフが冗談で答えたという報道もあります。
確かに問いかけた女性キャスターは冗談まじりに聞いていますが、メドベージェフ首相は真剣そのもので「話すのはこれが最初で最後だと」と前置きし、冗談だという素振りすらなく話を進めています。
また、パニックになる可能性があるためこれ以上は話せないと冗談で言うでしょうか?


しかし、内容が常識では考えられる範疇を超えており、これ以上知りたければコメディー映画“メン・イン・ブラック”を見てくれというのでは間が抜けていて信憑性すらないと解釈されてもおかしくありません。

こういった状況まで踏まえると、宇宙人が存在するとだけ記した時事通信の報道表現は適切であるのかもしれません。

・メドベージェフ首相の真意は?
あまりにも公然と発言したところを見ると、メドベージェフ首相は宇宙人問題が存在し、宇宙人の存在を我々も知るべきだと考えているのだと思います。
しかし、現職の大統領ではないためこれがロシア全体の考えなのか、個人の考えなのか釈然としません。

・映画“メン・イン・ブラック”の真相とは?
“メン・イン・ブラック”は、コメディー映画で、UFOが現れる現場に出現する黒ずくめの服を着たMIBと言われる存在とは異なった形で描かれています。

その現実に出現するMIB(Men in black)は、UFOを目撃した人に対して目撃証言をしないように脅しをかけてくるらしいのですが、映画の中の黒ずくめ服装の男たちは全く異なる存在で、地球人に成りすまして地球に侵入して暴れる宇宙人たちを取り締まるのが彼らの役目とされています。

一方の映画メン・イン・ブラック”は一般の方のみならずUFOファンの方でも、これはコミカルなSF映画だという認識をされているのではないかと思います。

映画の製作にはスピルバーグが関わっていますが、原作者のローウェル・J・カニンガムはマンガ家で 1990年頃に“メン・イン・ブラック”の元となるマンガを雑誌に掲載しています。
しかし、他に目ぼしいヒット作もなく、何故彼が大ヒット作の原作者であるかという点には疑問が持たれます。

さて、このコメディー映画のように宇宙人たちが地球にやってきて大暴れしているのでしょうか?
これは周囲の現実を見れば明らかにわかります。
過去に宇宙人たちが暴れたり、何かの騒動を起こして問題になった事件が公にされてないということから“メン・イン・ブラック”に描かれている世界は空想であるか、もしくは何かを誇張して描いたものであると言えるでしょう。

メドベージェフ首相が言いたいのは現実に地球人社会に入り込んでいて影響を与えている宇宙人たちがいて、我々は少なからずその影響を受けていると言いたいのではないかと思います。

すでに20年以上も前に矢追純一氏の招きで日本に来て証言をした、元NATO軍の上級士官ロバート・ディーンはNATOが4種の宇宙人の存在を確認していて、そのうち1つの人種は人間に姿がそっくりで彼らが街中にいても気がつかないだろうと言っています。
また、NATOは彼らが軍内部に入ってきている可能性があると考えていますが、その脅威は無に等しいと考えていたそうです。
その当時のNATOでは、先進科学を誇る宇宙人たちがその気になれば、すぐにでも地球を乗っ取ることは可能なはずだが、その兆候すらないため脅威はないと楽観視していたようです。

その一方でアメリカのペンタゴンでは外見が人間そっくりな宇宙人たちがペンタゴン内部に入り込んでいるのではないかという危機感を持っているという証言を得ています。
当時のNATOの見解は甘かったのかもしれません。

メドベージェフ発言は、そういう連中が少なからずいて、問題を起こすということがあるという意味であると私は考えています。

しかし、すべてを公表すると社会がパニックになってしまう可能性があるほど彼らは影響を与えています。

地球に来ている宇宙人のうち特定の人種を除く多くは単なる興味本位で地球にやって来ています。
そして、その中には地球人の中に入り込んでいる者もいるかもしれません。
興味本位で個人レベルで地球人の中に入り込んでいる連中は時として慎重さに欠け、予想もしない事故を起こすかもしれません。

例えばスペインでは秘密警察が宇宙人と思われる一団を確認したとの情報がありますが具体的には何が起こったのか明らかにされていません。

もしくはシベリアのサハ共和国の極寒地区の地下には先住民族とも宇宙人とも思えるような人種がいると言われています。
ロシアはロシアでアメリカとはまた異なった異星人問題を抱えています。

メドベージェフの暴露から多くのことがわかりました。
マスコミの扱いこそ小さいものの、私たちを取り巻く環境を知りうる重要な発言であると思います。
彼が言う“メン・イン・ブラック”とはどのようなことなのか、正確に捉えることはできませんが様々な宇宙人たちが私たちの中に入り込んでいる連中がいるということは言えると思います。

宇宙人たちが地球を訪れる理由については別の機会に説明させていただきたいと思います。
NASAは、12月初旬に『歴史的な分析結果を発表』するそうです。

火星探査機キュリオシティーの火星の土を分析により、『歴史に残る』すごい結果が出たということらしいのです。(出典1)

何が検出されたのかはまだ発表されていません。
キュリオシティーは、残念ながら火星上の生物の検出を行える分析機を持っていないことから、生命の源となる「有機物」を発見したのではないかと言われています。
現在NASAは分析結果の念入りなチェックを行っているそうです。

NASAは地球外生命、特に火星の生命探査の結果の公表には非常に慎重な姿勢を取っていました。
バイキング計画では生命存在の可能性ありという発表を取り消し、火星由来と見られる隕石の中から生物らしいものが発見されたという発表をしたと思えば取り消しています。

ところがここ最近、NASAは火星の生命探査に躍起になっています。
地球外生命に関する重大な発表があると世間を騒がせたり、NASAの長官自らが地球外生命体に関する発言を積極的に行っています。

火星に水があるという発表は2009年に行っていますが、ダメ押しで今年の9月になって再度水が流れた跡を発見と声を高らかに発表しています。
しかし、何かが流れた跡であって、流れたのが水である証拠については何も書かれていません。
推測によると水である可能性は否定できませんが水なのかというと確信が持てる説明すら発表されていません。

また、最近の研究の成果では重大な発表であると世間を騒がせた発表の結果もどうやら実験の分析上のミスである可能性が高くなっています。

情報を隠蔽するどころか次々と公表してくれるその姿勢は、まさに待っていましたというところですが、
慎重だったNASAがなぜこのように軽々しく発表を行うようになったのでしょうか?

・NASAを後押しする2つの要因

NASAの豹変については、2つの大きな理由があります。

ひとつには、オバマ政権の後押しがあります。
2009年5月にオバマ大統領はNASA長官としてチャールズ・ボールデンを長官に指名しました。
チャールズ・ボールデンは、オバマの火星探査を強化する政策に従って発言力を強めています。

チャールズ・ボールデン長官
チャールズ・ボールデン長官
wikipediaより

ボールデン長官はNASAのイベントごとに声明を出し、積極的にPRを行っています。

火星に水が流れた跡が発見されたという発表はNASAから3度発表されていますが、その2回目の発表があった2011年には発見の記者会見の席上で長官自らが、なんと「なんらかの生物が火星にいる可能性が高まった」と言っています。

これまでの長官が沈黙し、『静』であったのに対して彼は『動』の姿勢を取る長官と言え、その動向は注目に値します。
彼の持ち前の発言力と政権の強力により、NASAはその姿や存在感を変えつつあります。

今後、どんな発表があるのか楽しみです。


・もうひとつの要因

NASAが疾走するもうひとつの理由として、同じく2009年の11月にカトリック教会の総本山ローマ教皇庁(バチカン)がアストロバイオロジーの講演会が開らき、地球外生命の探究に実質的に免罪符を与えたということが大きな理由であると思います。

カトリック教会は神と地球外生命の存在は相いれないという立場を取っていたとされる時期があります。
欧米社会ではカトリックの発言権が強く、この足かせによってNASAの火星探査にブレーキがかかっているとも思えるふしがあります。

しかし、この講演会によって地球外生命が存在しても問題がないと宣言したに等しいと解釈できます。

この講演会はローマ教皇庁アカデミーが開いた5日に渡るもので世界中の注目を集めました。


バチカン1
開催パンフレットの表紙から

パンフレットを開くと、大司教ベネディクト16世が両腕を大きく広げ、「歴史の次元を超えて、魂の救済のミステリーもまた、宇宙の次元を持っている」という書き出しで神をたたえる言葉が書かれ、2ページめから宇宙生物学に関する説明が始まります。(出典2)


バチカン2
ベネディクト16世
パンフレットから

宗教的な記述は1ページめで終わり、以降は普通に科学的なアストロバイオロジーに関する説明に徹していることから、バチカンは地球外に生命が存在しても問題なく認められるということを表明しているものと解釈できます。

これに端を発し、2010年01月26日にイギリス王立協会が地球外生命に関する話題のみならず、異星人に関する論議を交わし話題になりました。
この席ではアメリカ、イギリスを代表する科学者が集まり、異星人はむしろ存在すると考えるべきだという意見が多く、存在した場合の論議を科学界として初めて行いました。

カトリックのバックアップによってNASAは、地球外生命の探査を公然と行えるようになりました。
これまではUFOや異星人問題に関してどこかの国が公表しようとすると、他の国や宗教界、不利益を被りそうな企業の反発があり、思うように公表は進みませんでした。

あまり大きく報じられることがありませんが、このバチカンの寛大な意思表明によって地球外生命の探査が公然と行えるようになりました。
これは歴史的に非常に大きな出来事です。

さて、話題のキュリオシティーですが、開発段階で何度も計画の練り直しが続いていました。
バチカンの表明会が行われた時点では、すでに最終仕様が決まっていたので生命探査を行うための機器は搭載されていません。

しかし、この表明後に初めて開発される火星探査機のインサイトのテーマは、当然“火星上の生命の探査”です。

NASAは、必ず生命の痕跡を見つけてやる!と意気込んでいます。
まだ、何年も先の探査になりますが次の探査では必ず何かを見つけてくれることと思います。

・出典1
火星の土に有機物か:「歴史的な分析結果」発表へ
WIRED.jp

・出典2
アストロバイオロジーとはなにか 宇宙に、生命の起源と、地球外生命体を求める (サイエンス・アイ新書)
瀧澤 美奈子 (著)
ブログのタイトルを変えようかと思っています。
『宇宙人はいるのか?』ではなくてもはや時代は『宇宙人の情報公開がいつあるか?』という問題を考えられる時期に入ってきているからです。

アメリカ軍関係者を中心とする約400人の証言者が2001年を始めとするディスクロージャープロジェクトでUFO問題に関わった真実、内部情報を暴露しました。
また、2007年のフランスのUFO情報の公開に始まり、EU各国の政府と軍がUFO目撃情報、アメリカ政府の諜報機関はUFOに関する情報の公開を徐々に始め、FBIに至っては墜落したUFOを回収したという調査員の報告まで公開しています。

その一方では科学の進歩が急速に加速し、今我々は高度な科学文明を築きつつあります。
現在科学的な発見からわずか数年で新しい技術を大量生産可能なところに達しています。
これはほんの20年前から比べるとまさに画期的な進歩と言えます。

これは情報化の進歩によるところが大きいと言えます。
あらゆる科学技術は情報媒体によって世界中にあっという間に伝わり、その発展は止まるところを知り得ません。

そして、その情報化社会はUFOや異星人といった問題の伝達や分析も可能としています。
誰がどのような情報を発信し、UFOや異星人問題の真相はどうであるかということも明白になりつつあります。

また、生物学や物理学の見地から地球外生命の模索や試算が始まっていています。
このような下地を持っていることから異星人問題の真相の公開がいつ行われてもよい状態にまで達しました。

ただ、残念ならがこれは英語文化圏の話で日本ではUFO問題をバカにする風潮が強くなっていて、社会がUFO問題に正面から取り組めない状態となっています。

このブログでは日本では扱われていないUFO問題の真相や情報公開に向けた問題を書いてゆきたいと思います。

まずは火星の問題から取り上げてゆきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。